皮膚深くの埋没毛

MENU

皮膚深くの埋没毛

毛抜きなどを使って自分でムダ毛の処理を行っている人は多いと思います。問題なく行える場合もありますが、ふと気が付くと皮膚深くに埋まってしまった埋没毛とよばれる状態になってしまうことも多々あります。抜いたあとの毛穴が何らかの原因でふさがってしまい、そこに新たに生えてきた毛が皮膚表面への出口を失って皮膚の内部で成長してしまうというものです。これは見た目も気になりますし、なんとかして出したいと思ってしまいます。しかし、無理に皮膚をこすったりピンセットや針などで出そうとすると皮膚に傷がついて跡が残ってしまったり、ひどいときは化のうしたりしてしまう可能性があります。

 

埋没毛にならない方法はなにかあるのでしょうか?一番の解決法は脱毛サロンやクリニックなどで脱毛してもらうことです。専用の機械で光を照射し、毛根からしっかり脱毛してくれますので、埋没毛の心配はありません。アフターケアもしっかりしていますので皮膚の負担も自己ケアよりは少なくなります。しかし、何回か通う必要がありますし、気になるところ全部脱毛しようと思ったら費用もかなりかかります。自己流ケアで埋没毛を防ぎたいという場合は、まず毛抜きの使用をやめ、カミソリでそるようにしましょう。そる際は石鹸や専用のジェルで皮膚をしっかり保護して毛流れにそってゆっくり刃をあてていきます。毛の流れに逆らってそると肌を痛める原因になります。毛穴は乾燥するとつまりやすくなりますので、そったあとはしっかり保湿をしておきましょう。

 

それでもやっぱり埋没毛ができてしまった場合、どういった対処法があるでしょう。ほおっておいても体は異物を外に出そうとしますので、徐々に皮膚の表面に押し上げられて自然に排出されます。しかし、少しでも早く出したいという場合はスクラブがおすすめです。スクラブで肌表面の角質をとることで、毛が肌表面に出てきやすくなります。出てきた毛を抜いてしまうとまた同じようになってしまうので、出たぶんはカミソリでそるようにしましょう。