家庭用脱毛器と脱毛サロンの違い

MENU

家庭用脱毛器と脱毛サロンの違い

家庭用脱毛器と脱毛サロンの大きな違いとしてはまず照射する光の出力です。いずれで脱毛をする際にも光線を用いたものが主流になっていますが、出力に関しては同一ではありません。そして出力が高いのは脱毛サロンと言えるでしょう。家庭用脱毛器は素人でも安全に使えるような設計にする必要がありますし、また、市販化のことを考えたらあまり高いコストで製造することはできません。その為、脱毛サロンで用いる機器と比較すると性能が低く出力についても低めとなっています。

 

出力が異なることで効果にも違いが出るのですが、家庭用脱毛器ですと肝心の脱毛ができない可能性があります。脱毛をする為にはそれなりの出力が必要ですが、出力が弱い家庭用脱毛器ですと脱毛まではいかないことがあるのです。その点、脱毛サロンなら高い出力を持っていますのでしっかりと脱毛をすることができ、また、一回一回の出力が高い為に脱毛ができるまでの回数や時間も少なくて済むのです。

 

両者の違いとしては安全性の面でも差異があります。安全に脱毛ができるのは脱毛サロンと言えます。家庭用脱毛器は自宅で気軽に使えるというメリットがありますが、しかしながらその気軽さゆえに無理な脱毛になってしまうことも少なくありません。例えば肌の調子があまり良くないにも関わらず作業をしてしまったり、早く脱毛をしたいが為に連続で使ってしまう、肌のケアを疎かにしてしまうなどして肌トラブルを起こすことがあります。

 

その点、脱毛サロンの場合は知識を持ったスタッフが施術を行ってくれますので安全性が高く、施術の後にはしっかりとケアも行ってくれますから肌トラブルのリスクも低いのです。その他にも違いとしては費用面が挙げられます。例えば全身脱毛をする際の費用について比較をしてみると、安く済むのは家庭用脱毛器と言えます。ただ、脱毛ができない可能性があり、そしてカートリッジをいくつも買う必要があったりしますので却って高くついてしまう可能性も否定できません。